「なんか違った」なら、返品する。きちんと救済措置を利用しよう。

未分類

「なんか違った」なら、返品するようにしている。

お店側からしてみれば、手間かもしれないけれど、無駄な消費を防ぐことは、大切だ。

 

学生時代、家の近所のしまむらで、よく服を買っていた。

購入前に試着はしているが、いざ、持って帰って、手持ちの服と合わせてみると、似合わなかった。

そんなことは、結構ある。

しまむらは、レシートさえあれば、確か1週間以内であれば返品してくれた。

(最近、そもそも服を買わないから機会が少ない)

 

店にとって迷惑だとか、手間だとかは考えない。

店側としては、返金作業だけだし、私も自転車で10分、しまむらまで行くだけだ。

それだけで、不要な服が減り、お金が返ってくる。

 

この間は、ドンキホーテで返品した。

理由は、もっと安い商品をAmazonで見つけてしまったから。

半額以上の金額差で、これはさすがにもったいないと思った。

Amazonで買えば、3000円ほど安い。

返品OKとレシートにも書いてある。返品しないわけがない。

そもそも、ネットで価格を調べていればよかったことなのだが、突然の出会いで、衝動買いみたいなものもある。

そんな時のための、救済措置だ。

お店はありとあらゆる手で「お得」アピールをして、商品を売ってくる。

それに、うっかり乗ったとしても、返品というルールがある。利用しない手はない。

 

当然だが、レシートがなければ、返品できない。

家計簿とカードを連動させてから、レシートはとっておかないようになってるけど。

レシートは捨てずに、取っておこう。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村</

タイトルとURLをコピーしました