「ひとの気持ちが聴こえたら、私のアスペルガー治療記」を読んで

日記

久しぶりに小説を読んだ。

ひとの気持ちが聴こえたら 私のアスペルガー治療記

小説というか、体験記。ノンフィクション。だけど、小説のような体裁で読みやすい。

著者はアスペルガーで人の気持ちが読めない。

人の表情や言動から、相手が何を思っているのかを、把握することができない。

それをコンプレックスに感じていた彼は、あることをきっかけでTMSを受けるきっかけを手に入れることに。

TMSとは 経頭蓋磁気刺激法(けいとうがいじきしげきほう、: Transcranial magnetic stimulation、TMS)は、おもに8の字型の電磁石によって生み出される、急激な磁場の変化によって(ファラデーの電磁誘導の法則により)弱い電流を組織内に誘起させることで、内のニューロンを興奮させる非侵襲的な方法である。この方法により、最小限の不快感で脳活動を引き起こすことで、脳の回路接続の機能が調べられる。

Wikipediaより

要は頭に電気を通して、考え方とか感じ方を変える実験だ。

TMSを受けることによって、彼は人の気持ちがわかるようになった。

相手が怒っている、悲しんでいるなど、言葉以外から受け取る、非言語コミュニケーションが理解できるようになった。

いわゆる、普通の人らしく、コミュニケーションがとれるようになった。

もちろん、それはいいことだけではない。

人の気持ちに気づくようになると、人の気持ちが気になってしまう。

私たちが、「他人のことなんて気にせず、自分らしく振る舞えたらなぁ」と思うように、彼も他人の気持ちが気になり出してしまう。

 

人の「気持ち」というものが、どこからどういう風に生まれるのかということに、興味があった。

自分が当たり前のように、人の気持ちや感情に気づくということが「できない」人がいる。

なんで、わかってくれないんだろうと、勝手に期待して、絶望して、落ち込む。

でも、自分だって、相手の気持ちに気づいていないかもしれない。

私は人生で、「アスペルガーです」という人に出会ったことはないけれど、日本でも増加傾向にるという。

だから、出会ってきたひとの中には、アスペルガーの人はいるかもしれない。

考えてみれば、私たちの見た目が違うように、脳も心も考え方も感じ方も違うのだ。

それを改めて認識する1冊でした。

【UG】解説『ひとの気持ちが聴こえたら 私のアスペルガー治療記』DARPAが開発支援したTMSとは? / OTAKING explains "Switched On"

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました