「もっともっと」欲望おばけにならないために。今ある幸せに目を向ける

ライフハック

今ある幸せに目を向けよう。

すごく大切な言葉。

前回はこんなにおまけしてもらったのに、今回はこれだけ。

それでも十分、おまけしてもらえたのに、人間はどんどん欲張りになる。

こんなに楽しい時間をいつも共有して、友達がいるのに、もっともっとと思ってしまう。

本当は私は十分満たされているのに。

もっと欲しい、もっと楽しみたい。

物を、楽しい時間をゾンビのように求めてしまう。

本当に私のやりたいことはこれなのだろうか。ちゃんと考える。

例えば、食欲は脂質や糖質なんかは、麻薬的魅力があり、食べ出すと「もっと欲しい」となってしまう。

惰性で「食べたい」と思っていないだろうか。

人間関係もそう。

人間は人の間の生き物。社会や何かに所属したいという欲求は、私たちの根源にある。

だから、あまり楽しくない集まりやコミュニティーでも、参加していないと自分が仲間はずれにされたような、焦燥感を感じる。

気の合わない人とのメールのやりとりも、嫌われたくない思いで、続けてしまう。

楽しい時間は手の指からするすると抜け落ちていく水のように、あっという間に過ぎ去る。

その感触をもう一度味わいたくなる。

もっともっとという、気持ち。

人間の欲望は青天井。

けれど、日常にはささやかな幸せが、たくさん溢れている。

足るを知ることを忘れずに。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました