「あの人を許せない」を「許す」、意外で単純な方法

ライフハック

許せない人を許す方法って、「自分が幸せになること」なんじゃないかな、とふと思った。

そもそも「幸せ」の定義って、難しいけど。

自分が幸せだと、他人を憎んでる暇なんてないと思う。

というか、どうでもよくなる。

今の自分が不幸だから、他人を過去を環境を、許せないといつまでも、恨み続ける。

今の自分が幸せなら、毒親育ちでも、「まぁ、ちょっと性格に難ありな親だったけど」くらいに思い、親を許せるるようになる。

 

今の自分が不幸で、不平不満だらけだと、過去や他人、環境に原因を求めてしまう。

他人を許すために、相手の立場に立って考えましょうって、よく言うけど。

自分が辛くて不幸だと、相手の立場に立って考える余裕なんて、ない。

他人を許すってことは、自分を思いっきり幸せにしてあげて、過去なんてどうでもいいや!と思えるようになること。

受験で失敗して、勉強をサボっていた高校時代の自分や、いい加減な予備校を許せないと思っていても、滑り止めに入学したおかげで、今の旦那と出会えて結婚し、今が幸せなら問題ない。

好きだった彼氏に三股をかけられて、別れて、許せない!と恨んでいたけど、おかげで今の旦那と出会えて、幸せな結婚をしているなら、問題ない。

 

許せないと思った出来事は、全て、今のあなたの幸せの布石。

今の幸せに気づくことができれば、許せないことはどうでも良くなり、許せるようになる。

 

心から幸せそうな人は誰の愚痴も言わない。

許せないを許すためには、まずは自分を全力で幸せにするのだ。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました