ありすぎる不幸について

日記

本当にしつこいくらい雨が降る。

暑さは和らいだけど、そろそろ晴れが恋しい感じ。

 

話は変わるけれど、先日、初めて超巨乳の子から、巨乳の悩みについて聞く機会があった。

私は小さい方だし、周りも小さくて悩んでいる子の方が多いから、大き過ぎて大変だとうリアルな話を聞く機会は、初めてだった。

彼女はなんとHカップあるそう。

(ルパン3世の峰不二子がG〜Hくらいあるらしい)

バストで100cm超えるから、着る服がなかなかなくてすごく困るとか。

小柄だけど、胸だけでかいから、胸に合わせると、どうしても大きめだったり、メンズサイズを選ばなければいけない。

ブラジャーも今は増えてきたけど、昔はサイズがなくて困ったとか。

 

何より、驚愕したのがその重さ。

片乳、約1Kg、二つ合わせて2Kg!

そりゃぁ、肩もこるよね〜

彼女は肩こりで背中もガチガチ。

(不二子ちゃんが、巨乳であんなに俊敏に動けるのは、アニメだからだ!巨乳の子がいたら、ほぼ肩こりで悩んでいるであろう・・・)

だって、2キロの重りを体の前につけて、生活するとか、苦行だよ!!!!

うつ伏せはしんどいし、寝返りも打ちづらい。

そんな体と、死ぬまでお付き合いしなければいけない。

小さいものを大きくする術は結構あるけど、大きいものを小さくする術って、なかなかない。

物理的にあるものを、消すことはなかなか難しいものだ。

 

私はなくて、悩んでいたけど、彼女はありすぎて、悩んでいた。

まぁ、私は授乳時代に巨乳体験はしたし、アラフォーだし、今さら胸を大きくしたいという悩みは、もうないけど。

何事もほどほどがよいものです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました