いらない罪悪感や自責から身を守る方法

ライフハック

こんにちは、ひまつうです。

初めましての方はこちらからどうぞ ひまつう自己紹介

 

みなさんは、罪悪感に苦しめられることって、ありますか?

私はよく、自分は悪くないのに、罪悪感に苦しめられることがあります。

あの子にも誘わないと、後から嫌われるんじゃないだろうかとか。

冷たい人間だと思われるんじゃないだろうかとか。

よくよく考えれば、こちらに選ぶ権利があるし、そもそも相手と仲良くもない。そんなに好きな人でもない。

むしろ、わがままで自分勝手で頭が悪いから嫌いと思っている。

でも、その人に嫌われてもいいけれど、周りから冷たい人と思われるのが嫌だと思っている自分がいる。

周りからどう思われようと、関係ないのに。

わかっていても、「自分は冷たい人間と思われないか」「ひどいことをしているんじゃないか」と、罪悪感に悩まされるてしまう。

誰にでも分け隔てなく優しい人を見て、そうなれない自分が不甲斐なく思う。

 

そもそも、罪悪感はどこから来るのだろう。

不安感?自己承認欲求?自己肯定感の低さ?

色々と調べてきた。

でも、はっきりとした答えは出ない。

どうして、どうでもいい人への罪悪感や、ちょっとしたことでの罪悪感に悩むのだろう。

そんなふうにもやもやしていた今朝。

今の自分の気分に、ぴったりだった動画を発見しました。

お気に入りの本要約チャンネル、「残酷すぎる世界の真実」

【衝撃作】「悪魔とのおしゃべり」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

さとうみつろうさんの著書「悪魔とのおしゃべり」の解説動画。

書店で見たことはあるけれど、読んだことはない本。

ポップなイラストなので、内容の薄い自己啓発系本かと思いきや(偏見)、動画を見ると、ずっしり重い哲学的な内容だそう。

いきなり、出だしが「理解できる本など、読む意味がない」という、ハッとさせられる一言から始まります。

内容は動画を見てもらうのが早いですが、まとめると、私たちが苦しむのは、植え付けられた「正しさ」のせいだということ。

嘘をついてはいけません、複数の異性を愛してはいけません、など、いろんな「してはいけません」という社会規範。

それを植え付けられたせいで、私たちは苦しんでいる。

でも、その社会規範は本当に正しいのだろうか。

そう疑問に思わせる色んな例が、動画ではあげられています。

私たちは何も悪くない、そもそも、何をもって悪い、正しいというのか。

「自分を責める暇があったら、『正しさ』を疑え!」

罪悪感に悩んでいた心がすっきりする内容です。

本も読んでみたいと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました