お祭り気分、非日常感から、ゆっくり、日常に戻っていく方法

日記

年末年始の帰省や、久しぶりの友人との再会やイベント。

ここ半月ほどは、非日常的なごたごたが続いていました。

そのせいで、心配事もあれこれあって(そのほとんどは、終わってみれば全て杞憂にすぎなかったのですが)、脳内はドーパミン過剰状態。

楽しいことも、いっぱいありすぎると、刺激が強すぎて、脳が疲れてしまうようです。

 

やっと、日常が戻ってきた頃、久しぶりに図書館であれこれ本を借りました。

 

無償に読みたくなった、益田ミリさんの本。

マンガエッセイで、一番好きな人です。

彼女のマンガエッセイは、日常のホッとしたりドキッとしたり、ムっとすることを、シンプルなマンガで綴っています。

通りすがりの人の会話や、街で出会ったもの、そんな何気ない日常に、ほっこりしたりする。

わかるわかる、その気持ち!と言いたくなる瞬間。

日常の愛おしさを感じたい。

そういう気持ちにそろそろ戻りたい時、益田ミリさんのエッセイを読みたくなります。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました