この人と関わることが、今世での私の修行だ。あらゆる感情は自分自身の気づき。

未分類

先日、こんな記事を書いた。

この人を幸せにするのが、今世での私の任務だ。

最近、もう一つ、思うことがあって、それが「この人と関わることが、今世での私の修行だ」というもの。

今世とか、スピリチュアルっぽくて、そのあたりが嫌いな人にはアレルギー反応が出てしまうような話題かもしれないけれど。

完全に否定できないものに対しては、肯定も否定もしないでおこうというスタンスでいようと思う。

だって、自分には見えないだけかもしれない。

私の見ている世界と、あなたの見ている世界は、違うかもしれない。

だから、今世とか来世とか生まれ変わりとか、そう言うことを言う人がいるということは、そういうことがあるかもしれないってことにしてる。あくまで、かもしれないだけど。

 

前置きが長くなった。

今世、来世の話は、一旦、置いておく。

 

人間関係でもやもやしたり、イライラしたり、悲しくなったり、感情が突き動かされた時、「この人と関わることは、自分の修行」と思うようにしている。

夫に子ども、友人などなど。

 

イライラいするのも、悲しくなるのも、もやもやするのも、全てに意味があると思う。

転んでもタダでは起きない精神。

だって、イライラし損じゃん。

これで、私は何を学べるんだろうって思う。

 

例をあげる。

 

最近、連絡はくれないのに、SNSで他の友達とやりとりはしている友人に、なぜかムッとした自分。

彼女に今度、一緒にランチへ行こうと誘ったけど、なんだか行きたくなくたってきた!

なんだかんだ理由をつけて、も〜、断っちゃおうかな!なんて思いはじめる。

 

いやいや、待てよ。そんなわけないじゃん。そんなことを望んでいるわけないじゃん。

ちょっと疎外感を感じて、拗ねた自分がそこにいるのだ。

「別にあなたが連絡くれなくても、私は平気ですけど」と強がっている自分がいる。

本当は、かまってほしいだけで、友人たちのSNSのやりとりに疎外感を感じて、拗ねただけなのだ。

本当は、寂しいくせに。

 

あぶないあぶない。

もう少しで、感じの悪い自分になるところだった。

拗ねた子供っぽい、幼稚な自分になるところだった。

 

人間関係と感情は、私に自分では気づかない自分をたくさん教えてくれる。

人間関係は本当に煩わしい。

嫉妬、独占欲、妬み、などなど、時に激しい感情を伴う。

でも、それを乗り越えた時、その感情は私にたくさんの学びを教えてくれる。

人の心の仕組み、自分自身という生き物、感情の受け入れ方。

目の前の、私をドキドキさせたり、イライラさせたり、悲しくさせたりする人、この人と関わることが、私の今世での修行なのだ。

こうやって、私は少しでもマシな人間に成長していくだろう。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

 

タイトルとURLをコピーしました