こんな時代だから、ゆっくりがいい

日記

年賀状仕舞いはしたのですが、送ってくれる旧友もいるので、もらう分には返信しています。

年賀状を見て、懐かしく思った私は、学生時代の友人たちに、オンラインで同窓会でもしないかと、パソコンからメールを送りました。

地元を離れた私は、コロナ下でなかなか帰省が難しく、友人の中には子どもがまだまだ小さい子もいるので、逆にオンラインなら時間も場所も金銭も気にせず、顔も見れて、声も聞くことができます。

友人たちはすぐに賛同してくれたので、日取りをメールでやりとり。

久しぶりに、メールを書く日々。

普段の同僚知人とのコミュニケーションはスピーディーなLINE。

インターネットが発達しすぎて、早いことがいいことの時代、メールですら遅いと感じます。

学生時代は携帯のメールで、もう何年も年賀状のやりとり以外、接点のなかった友だちのLINEは知りません。

マイペースな友人たちのメールの返信は2、3日おき。

フルタイムの仕事、家事育児をしていれば、当たり前だし、私も暇人ですが、そんなに頻繁にメールボックスは開きません。

「LINEのアカウントあるなら、LINEでやりとりしない?スケジュール調整の機能もあるし!」

とメールで送りたくなったけど、このゆっくり感・不便さが、なんだか懐かしいなと思って、そのままメールを送っては、2、3日返信を待つを続けています。

SNSで友だちと繋がりすぎて、LINEの返信はこないのに、インスタグラムはチェックしているという、相手の行動が簡単にわかってしまう。

相手にだって、事情はあるだろうに、心はなかなかそれが理解できないもので、もやもやしていました。

だから、変に繋がりすぎていない、けれど大切な友人との、時間をゆっくりと貯めるようなやりとりは、すごく心地が良いと感じたのでした。

繋がりすぎる時代に、あえて繋がらないのも、いいものです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました