もう、今の私には必要なくなったもの

日記

大学生の頃は、観劇が好きで、よく友達と舞台を見にいっていた。

宝塚に劇団四季、アマチュアの舞台や、アニメ、漫画の舞台。

転職して一人暮らしを初めて、結婚して、だんだん劇場から足が遠のき、出産前に「レ・ミゼラブル」を観に行ったのが最後だった。

それから、漫画からもアニメからも、そして舞台からも遠ざかった。

空想というか、「物語」というものに、興味が持てなくなった。

一時期はフィクションが読めなくなるほど、現実的なことばかり考えていた。

最近は、小説もぼちぼち、映画もまぁまぁ観るようになってきている。

 

今日、たまたま劇団四季のYouTubeの宣伝を見た時、前のように観たいという感情が湧かなかった。というか、若干、引いてしまった自分に驚いた。

劇だから、言動や振る舞いが大袈裟なのは、当たり前だ。

でも、劇と思っていても、自分の中でそれを受け入れられなかった。

ああ、もう今の私には舞台は必要になくなったのだ、と悟った。

今も舞台が好きな友達もいるけれど、彼女のように、そこまで夢中になれない。

多分、若い頃の自分は「舞台を観に行く自分」というのが、好きだったのだと思う。

ちょっと、そういうカッコつけたいところがあった。

友達ほど、純粋に舞台とかお芝居が好きではなかった。

歳をとってから、カッコつけたいとかそういう気持ちもなくなり、自分の気持ちに正直になった。

お金と時間をかけて舞台を観るより、ネットで手軽な娯楽を楽しむ方が、楽ちんだと感じてしまう。

舞台の上は所詮、舞台の上で、やはり今の私はリアルな人間を観察している方が、面白いと感じてしまう。

昔はあんなに好きだったのに・・・という若干の寂しさと、自分の心の変化への興味深さ。

また、いつか舞台を見たくなるかもしれないけれど(宝塚のポーの一族の再演があれば、是非観たいが)、人間って、やっぱり一定じゃないんだよなぁと思った。

好きという情熱は、年とともに変化していく。

それは、寂しくもあり、でも、だからこそ、今、好きなものには、とことん熱中したいなと思った。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました