もう一度、小説を読もう。「きりこについて」

未分類

学生時代はあんなに貪るように読んでいた小説が、ここ数年、読めなかった。

 

小説なんて、しょせん「つくりごと」。

つくりごとより、もっとリアルな話の方が面白くて、ためになるから、科学や実用書ばかり開いていた。

でも、人の心を感動させる文章って、小説の方が多いんじゃないかと思った。

最近、よしもとばななさんのエッセイを読んで、小説家の文章は、やっぱり違うよなと思うようになった。

人を感動させるような、感情がのった文章を、自分も書きたい。

そのためには、自分が感動するような文章を読まなければいけない。

 

ちょうど、「ためになる」読書に飽きていた。

「ためになる」ためには、だらだら読んでられない。

本の内容を、少しでも自分の血肉にしなければ!と思って、必死で読まなければいけない。

けど、そのプレッシャーにちょっと、嫌気がさせいていた。

誰にも、「この本を読んで、自分の知識にして、もっとよりよい人間になりなさい」なんて、命令されていない。

でも、自分で自分に命令して、それができなくて、自己嫌悪に陥っていた。

 

昔、読書は娯楽だった。自分の楽しみのためのものだった。

時間を過ぎるのも忘れて、読書に没頭する時間が好きだった。

役に立つとか、かっこいいからとかじゃなくて、ただ純粋に、好きだったのだ。

そんな気持ちを思い出したくて、もう一度、小説をよみたくて、リハビリに薄めの小説を、図書館で借りた。

ちょうど、娘と二人の小旅行。

宿で時間も持て余すだろうから、旅のお供に持って行こう。

そう思って、持って行った小説が面白くて、一気に読んでしまった。

長さも、文体もちょうど良いい。

読んだのはこちらの本。

小学校の体育館裏で、きりこが見つけた黒猫ラムセス2世はとても賢くて、大きくなるにつれ人の言葉を覚えていった。両親の愛情を浴びて育ったきりこだったけれど、5年生の時、好きな男の子に「ぶす」と言われ、強いショックを受ける。悩んで引きこもる日々。やがて、きりこはラムセス2世に励まされ、外に出る決心をする。きりこが見つけた世の中でいちばん大切なこととは?読者からの熱烈な支持を受け、ついに文庫化。

 

西加奈子さんは、時々、図書館で拝見していたお名前だが、彼女の本を読むのは初めて。

テヘラン生まれの大阪育ちって。テヘランって、響がかっこいいなぁ。

物語の舞台は大阪。

大阪弁の文体は関西育ちの人間には、心地よく響く。

優しい文体で、すっと物語の中に入っていける。

人間は中身がすべてと思っていたぶすのきりこの、心の成長。

子どもの頃に出会いたい本だった。

いつか、娘にも読んでほしい。

「中身」も「入れ物」も全て「じぶん」。

大袈裟かもしれないけど、人生で大切なことが書かれていると、私は思った。

登場人物みんなにドラマがあり、成長がある。

ページをめくる手を止めることができなかった。

娘と二人で泊まった宿はボロボロだったけど、その不快さも忘れてしまうくらい、没頭して読んだ。

やっぱり、小説はすごい!

図書館で直感で選んだけど、すごくいい本を選んでしまったと自画自賛。

また、本を読もうっと。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました