もう一度、読みたい本と自分の時間の使い方。

日記

高校生の時に実家近くの図書館で借りて読んだ、小説をもう一度、読みたいと思っているが、近所の図書館にない。

それどころか、絶版になっている可能性もある。

著者はタニス・リー。

イギリス生まれのファンタジー作家。

日本ではそんなに有名じゃない方なので、作品録も少ない。

女の子が好きな男を追いかけて、修行して魔女になる、みたいなストーリーだったと思う。

生憎、コロナで実家にしばらく帰る機会がなさそう。

アマゾンで片っ端から探してみたが、それらしい本は見当たらなかった。

今度はウィキペディアの作品録を元に、片っ端から探している。

相当古い本なので、絶版の可能性が大きい。

絶版でも、地元の図書館で申し込めば、国立図書館から貸し出してもらえるかもしれない。

日本の図書館の相互貸し出しのシステムって、素晴らしいなぁとつくづく思う。

他県の本でも、時間はかかるけれど、無料で取り寄せて貸し出してくれる。

 

小説のだいたいのストーリーは覚えているけれど、タイトルは覚えていないから、検索をかけて、あらすじを元にタイトルを片っ端から調べている。

見つかるといいなぁ。

10代の頃に読んだ感覚と30代の今とじゃ、きっと感覚が違うだろうけれど。

 

今はゲームやネットや映画や動画、たくさんの娯楽があるけれど、あえてアナログな娯楽に走るのもいいなぁと思う。

デジタル系の娯楽は、どうしても情報量が多すぎる。

頭が疲れてくる。

ためになる系の本も動画も、私のなかの「やらなきゃいけない」ことを増やしてしまう。

インプットはもういい。

ただ単純に楽しみたい。

それも、ただ時間を潰すためのものじゃなくて。

心がわくわくするようなことをしたい。

最近は、YouTubeも飽きてきて、どうしても観たいと思わせるようなモノ以外は、自分の大切な時間を使うことをやめた。

そうすると、なんだか心にゆとりが生まれた気がする。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました