ストレスを減らす、相対的思考法、俯瞰的な視点

未分類

こんにちは、ひまつうです。

初めましての方はこちらからどうぞ ひまつう自己紹介

 

人間は、相対的、つまり他人と比べて価値を判断することが多いです。

私より、あの子の方が美人だとか、お金を持っているとか、彼氏がイケメンだとか。

人と比べるな、過去の自分と比較しろ、なんて、自己啓発系の本なんかには書いてあるのは、他人と比べていたら、キリがないし、上には上がいるので、いつまでも他人と比べていたら、幸せになれないから。

でも、どうしても他人と比べてしまう思考を、逆に利用して、前向き考えるというのが、私は結構好きです。

比べるのは、そこらへんの他人ではなく、過去や歴史、世界。

 

「ああ〜、今日のパートはだるい」と思ったら、「昔の小作人に比べたら、そんな重労働ではないし、仕事中ものんびりできるし、給料もいいから、全然マシだわ」とか。

「冷蔵庫の中に、何もない!」と思ったら、「何もないとはいえ、お米と梅干しがある。戦時中の飢餓に比べれば、マシ。炊き立てご飯と梅干しとか、サイコーやん」とか。

 

自分を歴史的な流れの中で相対的に見ると、恵まれているということを実感できるという戦略です。

これには、想像力と多少の歴史的な知識が必要ですが、やり始めると結構、簡単です。

 

先日、旦那と喧嘩中のママ友から、旦那さんの悪口を聞かされていました。

ママ友はヒートアップして、ついには「旦那、マジ、◯ねばいいのに」なんて言いだしました。

私は内心、「うわぁ〜〜〜〜〜」と思いながら聞いていました。

妻側からの言い分しか聞いてないから、夫婦間の問題なんて、ちっともわからない。

けれど、「あなたの旦那さん、そんなにひどいだろうか?」と思ってしまいました。

子どもの世話はするし、家事もするし、稼ぐし。

DV、ギャンブル、酒飲み、女、他にひどい夫談を聞いてきた私的には、十分にまともだと思った私。

お互い、冷静に話し合って、直して欲しいところや、やって欲しいことを伝え合えばいいんじゃないのと思うけれど。

夫婦関係は、お互いに立て直そう、やり直そうという気持ちがなければ、修復は難しい。

「あっちが悪い、あっちが謝るまで、許さない」じゃあ、悪化していくだけ。

夫婦喧嘩は犬も食わない。

夫婦仲なんて、当人同士にしかわからないことだってあるだろうから、関わらないのが無難。

「へぇ〜」「そうなんだ」「大変だね」で、乗り切りました。

 

しかし、ママ友の発言に、どっと疲れた私。セカンドハンドストレス。

その後、「自分のパートナーを、気に入らないからと処刑したり幽閉した、イギリスのヘンリー8世に比べれば、ママ友に愚痴るくらい、かわいいもんだ」と、思い直しました。

影でぐちぐち言っているだけなら、平和なもんです。

仲のいいママ友だけれど、対岸の火事を見るような気持ち。

小さい範囲で比較するのではなく、地球規模歴史規模で比較すると、ぐっとストレスも減ります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました