ネガティブな思考とポジティブな思考を行き来する

未分類

私は今、びっくりするくらいのポジティブ思考。

「大丈夫じゃない?」「なんとかなるでしょ」が口癖。

9割の心配事は起きないと信じ、まぁ、心配しても無駄だよなと、いち早く心配するのをやめる。

できることをして、なんとかなると信じる。

 

だけど、昔はめちゃくちゃネガティヴ思考だった。

どうしよう、どうしようといつも不安で、神経質だった。

そんな自分を変えるために、本をたくさん読んで、実践して変わっていった。

ガチでリスクがあって、高確率で発生すること、心配だと思うことは、丁寧に、事前にしっかり準備する。

それだけで、不安は解消されるから「大丈夫!」って自分自身に言い聞かせられる。

人生経験を積んだから、自信もついてきたのだろうけど。

10代20代の脳は実はまだ未完成で、不安に反応しやすいと言う。

あの時は、子どもだったなぁと、20代の自分を振り返って、思う。

 

30代になって、落ち着いた今でも、特定の人に対してだけはネガティブになるとか、こういうシチュエーションではネガティブになることが、たまにある。

たいてい、相手のネガティブに反応しているのだ。

相手の隠れた僻みや妬みや怒りを、感じてしまう。

それにつられて、自分もネガティブに落ちていく。

でも、たとえ根っこがネガティブ思考でも、訓練されたポジティブ思考で、すぐにまた前向きな気持ちにもどる。

落ち込んでも、浮き上がる能力がある。

ネガティブに行っても、ポジティブに戻ってこられる。

ポジティブ思考は武器だ。

自分を沈ませないための。幸福を感じるための。

むしろ、悲しみを知ってるからこそ、喜びも味わい深い。

根っからポジティブな人よりも、元はネガティブな人の方が、両方の気持ちを理解できるから、より人生に深みがでてくる。

ネガティブとポジティブを行き来する。

 

ネガティブは泥沼のようで、中毒性があり、抜け出せなくなる。

自分を傷つける自傷行為に中毒性があるように。

そこから、さっと抜けるために、ポジティブになる能力は必要だ。

多少、ネガティブな人間でも、思考訓練で多少はポジティブになれると思う。

いいことを見つける。

恵まれていると思うことに感謝する。

嫌なニュース、ネガティブなニュースはできるだけ見ない。

それだけで、心が浮き上がる能力を身につけることができる。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました