ミニマリストが久しぶりに買ったもの。

日記

借りれるものは、借りる。

できるだけ、所有しない。

物欲まみれの10代20代から一変して、今は所有しない暮らし方をしています。

 

漫画もそうでした。

学生時代は大量の漫画を所有していて、暇さえあれば漫画を読んでいた。

一度読んだ漫画も、何度も読み返したり。

 

今は、お気に入りの連載漫画も一度読めば十分で、ゲオやツタヤでレンタル。

手元に残しておきたいという欲求はあまりありません。

でも、ポーの一族の続編が40年ぶりに出ているということで、買ってしまいました。

本は何度かあったけど、漫画を買うのは多分、独身時代以来だと思う。

つまり、10年ぶりくらい?!

ポーの一族は萩尾望都さんの代表作。鬼滅の刃の作者がインスピレーションを受けたそうです。

ヨーロッパを放浪するバンパイアの話。

一言では語り尽くせない素晴らしさ、ぜひ読んでください。笑

高校時代大学時代は、知り合う漫画好きの友達に、貸して、布教して回ってました。

萩尾望都先生の漫画は、実家に今でも大切に残してあります。何度も読みたくなる。

宝塚歌劇団で上演された時、観に行きたかったけど、チケット取れなかったのが、悔しい思い出。

 

ポーの一族はマニアックな作品なので、ツタヤもゲオにも、レンタルにはないだろうし、多分、この人の作品は何度も読みたくなると思ったので、買いました。

本棚のスペースが狭くなるけれど、スペースは本当に大切なものを受け入れるためのもの。

朝、静かな台所でコーヒーを飲みながら、数十年ぶりにエドガーたちに会いました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました