ワクチン接種のその後と、たくさんの私

ワクチンを接種した夫のその後。

2日目、相変わらず筋肉痛のようなだるさ。

夫の同僚の中には高熱が出た人も。

副反応は、本当に人によるみたい。

 

 

さてさて。

私の中にたくさんの私がいるという話をしたい。

 

私の交友関係の中で、つい僻みっぽいことを言う人がいる。

その人と接する時、私もけっこう僻みっぽくなる。

普段、私はそこまで僻みっぽくない。

その人がちょくちょく、「自分なんかとすみませんね」みたいな言い方をするから、私もそれに合わせてしまってる。

 

私は接する人によって、パターンというか反応の仕方が違う。

相手に合わせている。

パリピなノリの友達には、パリピ系な喋り方をするし、

おっとり系の友達と喋る時は、おっとり系でいく。

関西圏を出て、もう10年以上経っている。

関西人はいつまでも、どんな時でも関西弁というけれど、私は関西人と喋る時しか使っていない。

むしろ、今の土地の訛りやイントネーションが体に馴染みつつある。

 

接する人によって、若干、キャラを変えている。

もちろん、ネガティブ系もパリピ系もおっとり系も、全部が私であることに変わりはない。

相手の人柄、場の空気に合わせた私が、たくさんいる。

戦略的に、シャイな人の心を開かせるために、ぐいぐい系でいくこともある。

堅苦しい空気を壊したくて、お堅い系のたちに人に対して、フレンドリー系でいくこともある。

 

昔は、中二病みたいな感じで、どんな相手とも自分全面で、無愛想、自分の好きなことしか興味なしみたいな、嫌なやつだったけど。

戦略的にキャラ変する、そういうことが、無意識にできるようになった自分、成長したなぁと思う。

「自分らしさ」を大事に、みたいな教えもあるけれど、今はほぼ不要だと思っている。

けれど、自分の心地よさと自分の欲求を通すこと以外なら、無理に「自分らしさ」に囚われる必要はない。

そもそも「自分らしさ」とか、怪しい宗教だ。

そんなもの、どこにあるというのだ。

1分1秒で人の心は揺れ動いているというのに。

 

いつでも「矢沢永吉」であることが仕事みたいな、芸能人とかは別だろう。

そういう「キャラ」でいることが、仕事の人たちだから。

 

色んな私が、色んな交友関係のおかげで作られている。

交友関係によって、色んな自分を作っていく。

人は単色じゃなくて、見る位置や角度によって変わる、マジョーラカラー。

 

さて、僻みっぽい人と接すると、私も僻みっぽくなる問題をどうしようかと考えている。

僻みっぽい発言が続き、暗い雰囲気になる。

この場合は、戦略的にポジティブ変換していこうと思っている。

私のポジティブな気持ちを、うつしていく。

1のネガティブに対し、7のポジティブが必要になるという。

だから、けっこう大変かもしれないけれど、脳トレだと思って、頑張るつもりだ。

私のポジティブ発言変換作戦で、どのような変化が起きるのかは、また後日レポートしたいと思う。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました