一人っ子でもいい、一人っ子のメリット

頑張らない子育て

こんにちは、ひまつうです。

初めましての方はこちらからどうぞ ひまつう自己紹介

うちは一人っ子です。

夫婦二人で話しあって、決めました。

けれど、「うちは一人っ子です」と言うと、多くの人から「早く二人目を作った方がいい」と、言われました。

親戚の方が、遠慮して言わないかも。赤の他人、特に年配の方に言われることが多いです。

世代的なものかもしれませんが、同年代のママ友でも同僚でも「兄弟がいないとかわいそう」と言って、二人目を産む人は多いです。

未だ、「子どもは二人以上が当たり前」「一人っ子はかわいそう」という考え方が多数派を占めているように思います。

「兄弟がいる方がいい」という考え方もわかるのですが、ここでは一人っ子のメリットを挙げていきたいと思います。

一人っ子のメリットは以下の3

  • 愛情を十分、注いであげられる
  • 学費も十分、注いであげられる
  • 親の老後の世話や遺産相続で揉めない。

 

愛情を十分、注いであげられる

私は同時に二人の子どもを、分け隔てなく愛せる自信がありませんでした。

親だって、人間です。自分のための時間も欲しいし、人間に対して、好き嫌いもある。

そして、道ゆく子ども二人連れのお母さんが、かなりの確率でイライラしているのを見ていて、「大変だろうなぁ」と思っていました。

なので、私には一人で十分だと思いました。

学費も十分、注いであげられる

今の日本の子どもの養育費学費は非常に高いです。

だけど、日本の政治はお年寄りにはやさしく、若者には厳しいです。

政治家は女に子どもを産めと言うくせに、児童手当を減らしたり、教育に税金を使わない。

金銭面で全く、産むメリットが見当たらない。

なぜ、年金や医療費を支えるために、子どもを産んで、育てなければいけないのでしょう。

自分の子どもには、しっかり学費をかけて教育を与えて、日本でも海外でも生きていける力をつけたいと思っています。

親の老後の世話や遺産相続で揉めない。

うちの親戚は、兄弟でどちらが介護をするかで意見が分かれて、揉めました。

同じ兄弟でも、家族構成や所得が違うので、どうしても不公平感がでます。

兄弟といえども、他人です。

一人っ子であれば、老後の親をどうする、遺産をどうするで揉めません。

 

次に一人っ子否定意見の否定をしていきたいと思います。

よく言われるのが、以下の三つ

  • 一人っ子じゃ、かわいそう
  • わがままに育つ
  • 老後が寂しい

 

一人っ子じゃ、かわいそう

遊び相手は外で作ればいいです。幼稚園や小学校で、年下の子どもと遊ぶ機会はあります。

むしろ、休日を家族としか過ごさない閉鎖的な環境より、近所の友だちや、学校の友だちなど、色々な場所で自分の居場所を作る方が、子どもの精神的な成長の助けになると思います。

兄弟がいても、仲がいいわけではありません。

一人っ子なら、おもちゃの取り合いもなく、家の中は常に平和です。

兄弟で仲良く遊ぶのは、性別にもよりますが、小学生くらいまでです。

あとは、学校の友だちと遊びます。

友だちを作る能力の方が大事です。

わがままに育つ

子どもによると思います。兄弟がいても、わがままな人はわがままです。

「一人っ子はわがまま」は、完全にイメージだと思います。

むしろ、兄弟がおらず、兄弟と比べられす、親の愛情を一身に受けているので、自己肯定感が高く育つと考えています。

老後が寂しい

自分の寂しさを紛らわせるために、子どもを自分の元に引き止めるという考えに、賛同しかねます。

子どもは子どもの人生があります。

子どもは自分の分身ではありません。一人の一個人です。

寂しいなら、ペットを飼いましょう。友達をつくりましょう。

人は死ぬ時はだれでも一人です。

 

 

以上の理由で、我が家は一人っ子にしました。

色々なご意見があると思います。

ただ、一人っ子がいいけど、周りの「二人目は?」の声がうるさいと思っている人、「経済的に苦しいけれど、子どもが一人っ子だとかわいそうかな?」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしていただければと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました