人間関係、子育ての負けるが勝ち。

未分類

うちの娘は、よく癇癪を起こす。

思い通りにならないと、泣き出したり、不貞腐れたりする。

それは、小2くらいでは普通のことなのか、変わっていることなのか。

わからないけど、大人だって、疲れたりすると、むしゃくしゃするもんだ。

子どもは脳が大人ほど発達していないから、自分を客観視したり、冷静に物事を見たりすることができない。

(大人でも、できない人もいるけど)

そういうもんだと思って、娘の癇癪を見ている。

けれど、やはり、こちらもイライラしてくる。

なんでそんなことで怒るんだ、と思う。

ここで「いい加減にしなさい!」なんて叱ると、火に油になる。

できるだけ冷静に、怒りが感染しないように、荒ぶる娘と、距離をとっている。

 

それでも、怒りが治らないときは、怒りとか感情をとにかく認めてあげるのが大事だ。

今日の娘は、学童のお迎えが遅かったということで、帰り道からずっと不機嫌だった。

娘「なんで、もっと早く迎えにきてくれないのよ?」

私「今日は遅くても早くても、どっちでもいいって言ってたよね?」

娘「え、言ってないよ! もうすぐ、バレエ行かなきゃなのに、時間ないじゃん! YouTube見たかったのに、時間ないじゃん!」

こんなわけで、癇癪を起こし、家に帰ってもずっと泣いている娘。

確か、この間「月曜日のお迎えは早くても遅くてもいい」って、言ってたぞ、娘よ!

不合理に怒って、不機嫌オーラをばら撒く娘。

それに、怒り出しそうな私。

でも、ここで小学2年生を頭ごなしに叱っても、何もならないことは、よくわかる。

私は怒りが引いて、冷静になるまで待ち、まだぐずぐず泣いている娘に、夕飯を作りながら言った。

「お母さん、◯◯ちゃんが、今日は遅くてもいいって言ったと思って、勘違いしたんだよ。遅くてもいいと思っちゃったんだ。それに、今日はお母さん、お仕事のあと、ものすごく疲れてたから、ちょっとお家で休みたかったんだよ。ごめんね。今度からもう少し早く迎えに行けるようにするね」

すると、半べその娘が後ろから抱きしめて、涙を私のTシャツでふき、そのまま無言で、去っていく。

しばらくしてから、お弁当箱を持ってきて、「さっきは、ごめんなさい」とつぶやいた。

自分の怒りが理不尽だったと、わかっていたらしい。

けれど、感情が暴走して、素直になれなかった。

 

まずはこちらから歩み寄り、負け、というか非を認めた方が、相手は素直になりやすい。

言った・言わないは証拠がないし、たとえ証拠があっても、相手はますますムキになるだけだ。

小学生に口論で負けたくらいで、こちらのプライドなんて傷つかないし、プライドよりも、実を取るのが大事。

娘がおとなしく納得して、泣き止んでくれれば、それでいい。

無駄な口論では勝者になろうとしない。

負けるが勝ち。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました