他人の嫉妬から自分を守る方法

ライフハック

よくわからないけれど、なんだか自分にだけ冷たい態度をとってくる人。

そういう人はほぼ100%、あなたに対して嫉妬していると思います。

自覚しているしていないに関わらず、あなたの何かが相手のコンプレックスを刺激している。

人間はどうしても他者と自分を比較してしまう機能を備えているので、なかなかどうにもならないことです。

https://himatubu2.com/全ての悩みは人間関係、喜びも人間関係/

自分にだけグループラインで冷たい、連絡をくれない、目を合わさないなど、そういう理不尽な嫉妬にあった時、気にしなければいいのですが、人間は弱い生き物。

「どうして私がそんなことされなければいけないの」とイライラしてしまう人が普通です。

そもそも、マウントをとったり、勝手に嫉妬してくる人は、関わらないのが一番。

どうしても関わらなければいけない関係であれば、うまく手のひらで転がすか、逆に褒めて煽てるかするのが、将来的にはいいでしょう。無駄な衝突は避けるべきです。

そんな余裕もなく、ただ相手の行動にイライラしてしまうなら、まずは自分の心を守らなければいけません。

自分の人生を相手に掻き乱されるほど、無駄な時間はないのですから。

実害がないなら、嫉妬は無視でいいです。

それでも、「私、あの人に対して、何か悪いことしたかしら」と不安になったり、自分を責めてしまう優しい人は、この言葉を覚えておいてください。

同情されるより嫉妬される方がいい。 古代ギリシャ歴史家ヘロドトス

「かわいそうに」と同情されるより、「うらやましい」と嫉妬される方が、あなたの立場は上なのです。

「嫉妬は美容液」なんて言葉もあります。嫉妬されるほど、あなたは恵まれている。

自分の持っているものに目を向けると、嫉妬してくる相手が、むしろかわいそうに思えてきます。

他人の理不尽な嫉妬で、傷つけられそうになったら、まずは自分の心を守ってあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました