他人はどうにもならないから、自分の心をなんとかする

ライフハック

こんにちは、ひまつうです。

初めましての方はこちらからどうぞ ひまつう自己紹介

昨日の記事で子育てについて、こんなことを書きかました。

自分で決めたいという普遍的な欲求、子どもの自主性を育むために

 

自分で決めたいという子どもと、ついつい口出しして、お節介してしまう親。

親子関係だけでなく、家族や他人にも「こうしてくれないかな」「ああしてくれないかな」と思ってしまうことがあります。

「皿を洗っておいて欲しかったのに」

「食事中はスマホを置いて欲しいのに」

「早く寝て欲しいのに」

それが、いきすぎると「どうしてこうしてくれないの!」「どうしてああしてくれないの!」という怒りに変わります。

自分で変えられるところ、他人か変えるところの境界線が曖昧になると、他人や環境に左右されているような感覚になり、イライラしてきます。

友だちの愚痴を聞いていても、「私なら、こうするのに・・・なんで、あなたはこうしないの?」という気持ちが湧いてきたら、それは、他人に対するコントロール欲。

「私はそう思うけど、あなたはこう思って、そうするのね」と、一歩二歩下がったところで、話を聞けるようになりたい。

しっかり、自分で境界線を引いておいて、自分のできることをコツコツしていくことが大切だと思いました。

 

できなくても、つい思ってしまう自分がいても、責めないことも大切。

そういう感情が沸き起こるのは普通です。

だから、怒りになる前に、発想の転換をすること。

自分で変えられることを、変えていく。

 

やって欲しいことがあったら、それを伝える。

「なんで、あなたはそんなになにもやってくれないの」

(疲れていたかもしれない)

「スマホばっかり、ひどい人!」

(スマホ使ってばっかり=ひどい人、にはならない)

「早く寝ないと、鬼がくるよ」

(脅すと、恐怖心が植え付けられる)

相手の人間性を責めたり、脅したりしない。

 

「お皿、洗ってくれたら、助かる」

「一緒にご飯を食べている時は、スマホは置いて欲しい」

「早く寝た方が、かわいくなれるよ」

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました