出そうで出ない、排便時困難型便秘

未分類

赤ちゃんの頃から便秘に悩まされていたという(母談)私。

思春期はお腹の張りに悩まされ、出ない出ないと、母にこぼしていました。

祖母も頑固な便秘に苦しんでいたので、遺伝的な側面も。

あと、子どもの頃、病弱でよく病院に連れて行かれたから、抗生物質を処方されすぎてたかも。

大人になって、運動したり、自分で食事を気をつけるようになってからは、3日や4日といったのはなくなりました。

毎日の定期的な運動。

食事は発酵食品、納豆、キムチ、ヨーグルト、糠漬けはもちろん、食物繊維、レタスや海藻、キャベツ、オートミール、玄米、など、毎日、積極的に食べるようにしています。

それでも、たまに訪れる、便秘。

便秘といっても、1、2日出ないというくらいなんですが。

1、2日出ないのであれば、便秘じゃないという人もいます。

でも、できれば、毎日出したい。

私の場合、朝、うっすらと便意を感じるのに、結局、出なくてもやもやしてしまうというパターンが多いです。

ストレッチ、マッサージ、色々と試しても、結局、出なかったり、出ても、ちょこっとで、スッキリしなかったり。

出ないくせに、肛門あたりで便を感じる。

そんな便秘が、たまーに、週一で訪れます。

なんとなく、昨日、「便秘 出そうで出ない」でググっていたら、私はもしかしたら「排便時困難型便秘」なるものではないかと思うようになりました。

 

排便時困難型便秘(はいべんじこんなんがたべんぴ)というのは、「肛門のあたりの筋肉が緊張してるから出ない」というもの。

確かに、私が便秘になる時は、旦那が在宅勤務だったり、家族が1日中ずっと家にいる週末が多かった。

自律神経と腸の関連はよく耳にするから、自律神経と便秘も関係しそう。

一人の時はリラックスして、肛門の筋肉も緩むけど、家族がいると、無意識でイライラしたり気が休まらなかったりで、筋肉も無意識に縮んでいるのかも。

この便秘の場合、通常の便秘の食事療法では改善されないとのこと。

肛門の筋肉を緩めてあげなければいけない。

肛門の筋肉は「恥骨直腸筋」

骨盤隔膜を構成する肛門挙筋(こうもんきょきん)の一つ。恥骨内面から起こり、直腸背後をループ状に囲んで前方牽引(けんいん)して支える。また、肛門を閉じる働きもある。

コトバンクより

この筋肉を緩めるトレーニングをしてあげると、排便時や便意を感じた時に、緩みやすくなるそうです。

トレーニング方法は至って、シンプル。

お尻を全力で5秒締めて、また5秒緩める。

これを、一日10〜20セット行うというもの。

腸マッサージやストレッチよりも簡単で、どこでもできるのはありがたい。

あと、ヒップアップもできそう。

 

詳しい情報はNHKためしてガッテンのページにあるので、参考にしてね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました