努力はやっぱりいらなかった!頑張らない生き方

未分類

脳科学者、中野信子さんの「努力不要論」を読んだ。

タイトルの通り、努力は不要である。

努力を美徳とする人が多い日本。

楽したり、ぐうたらしていると、非難されることも。

けれど、努力している人の脳では無意識に「自分はこんなに頑張っているのだから、ちょっとくらい悪いことをしてもよい」と考えてしまうそうです。

だから、自分に甘くなる。

ダイエットのために、努力して運動したら、自分にちょっと甘くなって、お菓子を食べてしまう現象ですね。

しかも、努力は中毒になりやすい。

努力していると、脳の中で快感物質が出るそうです。

でも、実際、努力をすれば、寝不足や疲れ、空腹で、ストレスがたまり、判断力が鈍ります。

そうなることによって、洗脳されやすく、騙されやすくなるのです。

努力すれば、「自分はこんなに努力しているのに」と思って、周囲の人間にも努力を強要しようとする、「嫌なやつ」になります。

目から鱗が落ちる、衝撃的な本でした。

努力すればなんとかなるという甘い夢を見るのは、本当にいいことなのだろうか?

努力は自分の適正(努力を努力と思わないくらい、自然にできることが才能)を伸ばしてこそ成功する。

なんでも努力すればうまくいくわけじゃない。

これからは、できるだけ努力をしない努力をしようと思いました。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました