子育ては頑張らなくていい

頑張らない子育て

 私は自分が母親になるとき、「頑張り過ぎない」ことを目標にしました。

子どもは可愛いけれど、それが自分の人生の全てではない。子育てって、ほんの20年くらいのことなんですよね。だから、自分を犠牲にする育児はしたくない。

 私の母は我慢するタイプで「家事が忙しいから、やりたいことができない」「あななたちがしっかりしてないせいで、私が我慢している」と、ことあるごとに子どもに言う母でした。全然、楽しそうに生きていない。いつも、祖父母や父親の愚痴を言っていました。

 親が自分を犠牲にして子育てするのが良しとする風潮のある日本ですが、親も人間です。自分が幸せになる権利って、あると思うんですよね。もちろん、育児放棄を推奨しているわけじゃないんです。

 日本人って、おそらく世間の目を異常に気にしていて、よそ様にどう思われるのかを判断基準にしているところがある。

 おかげで、暴動とか起きずに、わりと安全で平和だったりする部分もありますが、それって、窮屈だったりするんですよね。「親なら、こうあるべきだよね」というプレッシャーが。

それが、行きすぎると、自分を抑えて、我慢しながら子育てすることになる。そして、自分を犠牲にして我慢を続けると、後から爆発するんです。「こんなに苦労して育ててやったのに!」って。

 いやいや、子どもの側にしたら、自分を産んでください、子育てしてください、なんて頼んだ覚えはありません、ですよ。

 親が勝手に作って、産んだんだから、必然的に育てるのは親の責任なんですよね。作ったもんは、しょうがないから、成人するまで育てましょう。

「誰がここまで育ててやったんだ」とか「だれのおかげで飯が食えるんだ」なんて、子どもに対して偉そうにする筋合いない。

 本当は「年取った時に面倒を見て欲しいから」「老後が寂しいから」「自分の家業を継いで欲しいから」「子どもくらいいないと世間から一人前に認められないから」「子どもがいることが、一種のステータスだから」親の都合なのに。

「お前のせいで我慢してるんだ」「誰のおかげで、ここまで大きくなったと思ってる」なんて、言いたくなったら、それはあなたが疲れて、イライラしているからです。

 そんな時は、子どもが産まれてきた日のことを、思い出してください。「どうか無事に産まれてきてください」と祈った日のことを。「ああ、なんて可愛いんだ」と、抱きしめた日のことを。

 言うことを聞かなくても、いいじゃないですか。忘れ物しても、寝坊しても、ゲームに夢中でも、元気で生きててくれるなら。

 何かの本かで読んだのですが「子育てのゴールは、子どもが生きていることは素晴らしいと思ってもらうことだ」という言葉がありました。

 誰かよりも優れているとか、社会貢献しているだとか、お金をたくさん稼いでいるだとかではなく、子どもが「生きていることは素晴らしいなぁ」と思えることです。つまり、SNSや他人の評価ではなく、自分で幸せを決められることです。

 もちろん、暮らしのためにお金は必要です。けれど、持ち家だとか、年収がいくらだとか、パートナーが美人だとか、そういう評価には上には上がいるし、比べ出すときりがない。

 自分が幸せ、楽しいと感じることこそが、本当の幸せ。幸せは相対的な価値ではなく、絶対的な価値です。

 だからこそ、我が子のために自分がそれを体現しなければいけないと思いました。

 親が子育てのために、我慢してストレスや辛い思いをしていることを子どもに見せるのは、生きることって辛いということを教えているようなんです。そして、親が自分のために我慢しているという、不要な罪悪感を植え付けているようなものなのです。

 せめて、一番身近な大人である親が、人生を楽しくご機嫌に過ごしているのを見せるということが、子どものために大切だと思いました。人生は山あり谷あり。でも、どういう状況だって、楽しもうと思えば、楽しめる。

 だから、子育てを頑張らなくていい。子育ても、自分の人生も楽しめばいい。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました