幸せはどこに目を向けるか

未分類

火曜日の朝。

子どもは学校、夫は会社で、一人時間を楽しんでいます。

英会話をしたり、プログラミングの勉強をしたり、読書をしたり、YouTubeを観たり、ピアノを弾いたり、新しいレシピを試したり。

午後のパートの時間までは、私の自分時間です。

暖かくなりベランダのハーブ菜園も、もりもり生い茂ってきました。

サラダになりそうなハーブを摘んで、昼のサラダにします。

世の中、どうにもならないことはたくさんあるけれど、恵まれていることの方がずっと多い。

身の回りで戦争や飢え、略奪が起きていない。公共サービスが充実している。家族も自分も健康。3割負担で医療が受けられる。仕事もある、食事もできる、趣味もあるし、たまに会う友だちもいる。

そして、私は子どもの頃よりも、大人になってからずっと自由な暮らしをしている。

自分で選んだ場所で暮らし、自分で選んだ人と暮らし、自分で作ったご飯を食べて、自分のしたい仕事をしている。

子どもの時、早く大人になりたいなぁと思っていました。大人になったら、親の決めたルールから外れて、個人として生きていける。受験勉強のための勉強も、嫌な人間付き合いもしなくていい。

そんな希望を抱いていました。

そして、全て実現している。

人生のどこに、目を向けるか。それだけで、自分が幸せかどうかが決まるのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました