幸福度が上がる、自分の人生を豊かにするため、夜にする習慣

ライフハック

楽しかった日の夜は、思い出を箇条書きのように書くようにしている。

どんな些細な嬉しかったことも、全て書くようにしている。

例えば、

「◯◯さんに、お土産をもらって、嬉しかった」とか

「ドライブ中に見たひまわり畑がすごく綺麗だった」とか

「楽しみにしていた海水浴の日、絶好のお天気で最高だった」とか。

「久しぶりに◯◯さんからLINEが来て、嬉しかった」とか。

「お昼ご飯にたまたま入ったお蕎麦屋さんのお蕎麦が、すごくおいしかった」とか。

 

人間は自分がどんなに恵まれているのかを、すぐに忘れる生き物。

そして、自分がどんなに不幸であるかと、自己暗示する生き物。

(娘もそうだ。宿題を学校に忘れただけで、この世の終わりみたいに、大泣きする。)

 

人間は他人にしてあげたことは、いつまでも覚えているくせに、してもらったことは、あまり覚えていないという。

(自分はしてもらってばかりいるのに、「あのとき、やってあげたでしょ!」という、嫌なやつにみんななりがち)

だから、世界からもらった数々の優しさや幸運を、忘れないように、私は日記をつけている。

日記といっても、簡単なもの。手帳に1、2行の時もあれば、楽しいものはノートにびっしり書く。

もうかれこれ5、6年は続いている。

たまに読み返して、楽しかったことを思い出すようにしている。

楽しいことだけじゃない。

悲しかったことも、怒ったことも書いている。

「こんな、しょーもないことで、私は怒っていたのかwww」

「こんなくだらないことで、悩んでいたのかwww」

となることも多い。

 

過去の自分が今の自分を作っている。

人間の記憶なんて、いい加減。

言葉という記録手段を使い、記録して過去をいつまでも見返せれば、幸せを思い出すだけじゃなく、今後の人生や自分の成長に活かすことができる。

なぜ、失敗したのか。

なぜ、悲しかったのか。

それを、冷静に見つめることができるようになる。

感情に踊らされるときは、思いっきり踊らされて、悲しい・嬉しい・楽しいを楽しむ。

でも、最後まで心の手綱をしっかりと握っていられるようになる。

 

タイトルとURLをコピーしました