思考を整理して悩みを解決する方法とその訓練

未分類

先日、UPされた中田敦彦のYouTube大学、「ゼロ秒思考 思考を整理して悩みを解決するメモ術」の動画が面白かった。

 

【ゼロ秒思考①】思考を整理して悩みを解決するメモ術(Think Fast)

詳しくは動画を見ていただければいいと思うが、自分のアウトプット用にブログに書いておこうと思う。

メモ術の話だが、メモ以前に、人間の悩みに対する思考の図解が大変面白かった。

私も、何かに悩んだ時はメモをとって、思考を整理するようにしている。

モヤモヤしている状態から言葉に移すと、びっくりするくらい、スッキリする。

なので、大まかに、自分の情報と感情の切り分け、どうすべきかという思考癖はついている。

 

でも、あっちゃんの解説は、そこからさらにすすんでおりわかりやすかった。

人間の悩みに対する段階は6つあるそうだ。

この6つの段階のうち、自分がどこまで進んでいるのかを、理解することが、問題解決の鍵でもある。

情報→感情→思考→整理→仮説→解決

情報は、例えば「同僚から嫌味を言われた」などの事実。外部からの情報。

ここで、感情を封じ込める人は、我慢する人。

そこで、自分の感情を出せればいい。

感情「嫌味を言われて、腹が立つ」

でも、この感情で止まってしまう人は、もやもやする人。

そこから、さらに思考に進めればいい。

思考「そういえば、今月の営業成績、自分は同僚よりよかったから、嫉妬されている?」

物事の背景と自分の感情を思考することで、よりクリアに現実が見えてくる。

しかし、思考をしても、その思考をきちんと整理できず、堂々めぐりをしてしまう人は、堂々巡りする人。

嫉妬されて腹が立つけど、嫉妬されるのは仕方ないし。上司は気にするなって言ってるし、来年は同じチームになるし、仲良くした方がいいんだろうけど。

などなど。

だいたいの人がここ止まりらしい。

思考が整理できず、ややんでいる。

ここで、整理まですすんで、仮説まで進めれば、いわゆる「頭がいい人」になれる。

整理「上司の目もあるし、あいつの性格から、そこまで嫌味言い続ける可能性はあるだろうか」

仮説「仮に、来年、同じチームになっても、もし嫌味を言うようになったらどうだろう?他の人の目もあるし、逆にあいつは、立場が悪くなる。」

さらに、仮説にそって実行できれば、できる人になる。

解決「今回はこちらが大人の対応をしよう。気にするほどのことではない。もし、これ以上、嫌味を言うようなら、周りの人に相談しよう」

 

という感じで、人は悩みを解決している。

これは、自分以外の人間にも使える。

相手の人間が、どこのフェーズまで進んでいるのだろうかということに使える。

いつも夫の愚痴を言うママ友を例に上げよう。

彼女は、夫の言動にイライラしている。

イライラしているのは自覚できているので、感情までは進んでいる。

しかし、自分がイライラしているのは、悪い夫のせいであり、自分は悪くない。なので、夫を悪人にして、とにかく離婚しようとしている。

もう一つ進めば、「なぜ自分の夫はこんな言動をするのか」と疑問に思い、思考し、整理すれば、解決まで進んでいける。

家庭の破壊ではなく、修復、改善になる。

あくまで、一見してのことなので、彼女自身のなかでは、思考、整理まで進んでいるのかもしれないが、言動である程度、どこまで進んでいるのかが、把握できる。相手の頭の良さがわかる。

相手を変えようとするのか、自分を変えようとするのか。

この思考訓練を積むためのツールがメモだ。

詳細は動画をぜひ観てほしい。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました