恋愛は演技、家庭も演技

未分類

昨日、岡田斗司夫氏の「オタクの息子に悩んでます」を読んでいたら、面白い文章が出てきて、思わず、2、3度読み返した。

この本は、岡田氏が朝日新聞の「悩みのるつぼ」で人生相談に回答していた時代の本で、悩みの考え方がたくさん書かれている。

その中で私が面白いと思ったのが、以下の内容だ。

恋愛というのは「無意識化された演劇」

だから僕らは、恋愛の時には、いかにも恋人同士がしそうなことをする。

 

恋愛は演技。

恋人同士ということで、世間一般で言われる「恋人たちがするようなこと」

例えば、手を繋いで綺麗な夕焼けを見るとか、映画を二人で観るとか、クリスマスにプレゼントを交換するとか、抱きしめるとか、キスするとか、おはようのLINEを送るとか、そういう演技をしている。

生まれたばかりの赤ちゃんは、恋人同士がどういうふうに振る舞うのか、全く知らない。

私たちは恋人同士がすることを、育っていく中のメディアとか社会とか学んで、恋人同士ならこうするよねということを学び、実際に、相手ができた時にそれを演じていく。

恋人ができたけど、じゃあ、どうやって付き合うんだ?

その時、メディアや社会で覚えた、「恋人同士ですること」を、演じていく。

これは、恋愛だけじゃないんじゃない。

家族の間では、家族の演技、母親であれば母親の演技、上司であれば上司という演技、部下であれば部下という演技をしていく。

お母さんはこう言う人、お父さんはこう言う感じ、先輩っていうのはこういうもの、後輩はこうあるべき、などなど。

今までの人生で、見聞きして、覚えてきたこと、学んだことををだ。

(毒親育ちは毒親になるということではなく、毒親に育てられても、自分の親と比べて、周りのまともな親を見て、自分の親は反面教師にして、親になる人もたくさんいる)

赤ちゃん・幼児以外は、そういう社会的な役目を、周囲やメディアを通じて、学んでいく。

そして、いざ自分がそういう役目になった時、その役目を演じようとする。

世間一般で言う、あるいは自分が持つ「母親というのはこういうもの」というイメージを、演じているのだ。

見てきたもの、接してきた環境が違うと、同じ母親の演技でも、AさんBさんと微妙にちがったりする。

夫が抱く母親像・妻像が、自分の妻を持っていなかった時、違和感となり、口論になったりする。

 

家族という演目も、同じ夫婦でも、育った環境が違うと、違ってきたりする。

時には、自分の演じ方に疑問を持ったり、その演技の時間が長いと、負担になったりすることがある。

娘が小さい時、私は明らかに母親役ばかりやっていたし、それが想像以上にしんどくて、夫が家にいる時、一人で出かける時間で、この役目をほんのひとときの間でも、降りれることが嬉しかった。

私と違って、子ども大好きで、ずっと母親を演じ続けることが苦じゃない人もいる。

人それぞれだ。

また、夫婦は恋人同士の演技を忘れると、家族の演技しかできなくなる場合が多い。

両方が家族という演技のみに納得しているならいいけれど、片方が、恋人の演技を求めている場合、外でその相手役を探したりする。

この演技っていう考え方は、面白い。

人は基本、他人のことを怖いと思っている。

相手にどういう自分で接したらいいのかわからない。

だから、ある程度、決められている演技をすることが、安全で楽な戦略なのだ。

だから、演技をする。

学校の先生に対して、友達役で演じるより、どんなに馴れ馴れしくても、生徒である役で演じる方が、楽。

上司に対して、友達役で演じるより、部下役を演じる方が、楽。

 

自分がどの役を演じていているのか。

相手は今、どんな役を演じているのか。

お互いに抱く、役のイメージは同じか、違うか。

そういうことを考えていくと、相手や自分の持っている価値観とか戦略とか、わかるので、とても面白い。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました