愛されることよりも愛することの方が面白いと思うようになった

未分類

いつの頃からか、愛されることよりも愛することの方が、面白いと思うようになった。

愛されるよりも、愛したいマジで〜の歌詞が、ようやく理解できるようになった。

 

若い頃は、誰かから一心に愛されたいなぁというクレクレ状態で、自分から見ても、恥ずかしいくらい、欲求不満だった。

プレゼントが欲しい、愛されたい、大事にされたい、などなど。

でも、反対にものすごくたくさんの劣等感があった。

自分なんかという気持ちがあるから、誰かから強烈に愛されたいという欲求があった。

「どうせ自分なんか」って、結局は、そういう態度をとって、相手を試してる。

自分に振り向いてほしい、構ってほしいという裏返しの感情なんだよね。

 

いつの頃からかわからないけれど、子どもという、自分よりも大事だと思えるものの存在は大きいと思う。

もし、子どもと自分の命、どっちか差し出せなんて言われたら、「私の命をどうぞ」と言える自信がある。

 

なんか、そこそこ満足いく人生を送ってきたからというのもある。

若い頃にはどうしょうもなくコンプレックスだったことが、今は気にならなくなって、「ま、こんな自分もいいよね」と、肩の力を抜けるようになってきた。

ありのままの自分を認めるなんて、かっこいいことではないけれど、シワもシミも気になってきたけど、「まぁ、年を取ればこんなもんよね」という感じ。

そうなると、誰かから愛される必要とされるということよりも、自分が誰かを愛する、慈しむ方が、楽しくなってくる。

喜ばせてもらうより、喜ばせる方が面白い。

それは本当は「人を喜ばせることができる自分」が好きなのかもしれないけれど。

完全に下心0なんて言えないだろうけど。

でも、「私を愛して!喜ばせて!」という受け身より、「愛したい、喜ばせたい」の方が、楽しいし、何より楽ちんだと思う今日この頃でした。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました