断捨離して、メルカリでちょっと買い足し。人を褒めることの効用

ライフハック

よれよれのTシャツとデニムを断捨離して、減った分をメルカリで買い足しました。

Tシャツも結構、ズボラで結構限界まで着てしまうけれど、よく見るとヨレてたりするんですよね。

私の春~初夏の制服は、Tシャツとデニム、カーディガン。

総額700円くらいの出費でした。

生地の厚さや胸元の開き具合。

オンラインだから、届いてみるまで、本当に自分が気に入るものがどうかはわからないけれど、痛くない出費。

今は、本当に便利な世の中になりました。

だって、誰かの不用品が誰かの必要品になるのですから。欲しいものが、格安で手に入るのですから。

ユニクロを定価で買うことも躊躇う私には、中古品でも十分です。だって、私が着ている服を中古か新品か、気にする人はいないんですから。

中古でも、服はわくわくしますね。

前の記事でも書いたけれど、私は自分はそんなにおしゃれしないけれど、他人のおしゃれを見るのは好き。メイクを見るのも好き。

アイシャドウ似合ってるとか、リップに色かわいいとか。

友だちの着ている服のかわいいとか、似合ってるとか、いいところを見つけたら、がんがん言うようにしている。

やさしいとか、かっこいいとか、そういうのはその時の状況で変わるけれど、メイクとか服とか髪型とかは、物理的なもので、その日1日では変わらないし、相手の性格がわからない初対面でも褒めやすいというのもある。

女子がすぐに女友達の持ち物だとか髪型だとか褒める、そう言うのをディスる人もいる。傷の舐め合いとか、本当は自分が褒められたいからだとか言う人もいる。

でも、かわいいものを素直にかわいいと言うことの、何がいけないんだろう。

第三者を貶すような話題より、ずっといいと思っている。

相手のいいところ探しをすることの方が、ずっといい空気になる。

一緒にいる人が、可愛かったら、綺麗だったら、自分の気分もいいじゃない。相手も嬉しいじゃない。

私は自分の心を気分よくするために、相手のかわいいとこり、いいところ探しをします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました