日常の愛おしさ

日記

5日ほど、ホテル生活だった。

食事はホテルや外食がほとんど。

部屋はホテルのスタッフの人がほぼ掃除をしてくれるので、自分では何もしない。

楽といえば楽なのだけれど、日にちが経つにつれて、だんだんと日常が恋しくなってきた。

あっという間の5日間。

でも、家に帰ってきたら「やっと、帰ってきた」と言う感じ。

部屋の窓を開けて、空気を入れ替える。

部屋に掃除機をかけて、テーブルを拭きあげる。

自分の体を使って、空間をきれいにしていく。

日常に帰り、時間の流れが、ゆっくりに戻る。

冷蔵庫の中に残っていた食材で昼ごはんを作っていると、なんともいえない幸せな気持ちになった。

自分の手で作り、自分好みの味付けで、ちょうど自分の食べたいものを食べられるという贅沢。

やっぱり、自分の体は食べたものでできている。

ホテルのビュッフェもたまにはいいけれど、自分でお野菜から調味料から用意して作った料理が、一番だと思う。

非日常も楽しいけれど、さりげない日常の愛おしさ。

日常を愛するために、旅に出るのだ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました