欲しいと思った物を買ったら、運気が上がった

未分類

「諦める理由をお金にしない」ということを、最近、ある本で読んで、なるほどなと思ったから、実践することにした。

 

どうしても欲しいものなら、多少高くても買う。

「どうしても」というところがポイント。

安いから、流行ってるから、便利そうだから

という、ふわっとした理由で、値段以上に価値のあると思えないものは買わない。

 

私は小学生から守銭奴で、貯金箱がだんだん重くなっていくのが好きという、変人。

そんなに困窮しているわけじゃないけど、「そんなことに使うなんて、もったいない」という、ドケチ根性があります。

 

最近は「お金はあの世には持っていけない」という考え方に達し、体験や思い出には、お金をちゃんと使えるようになってきた。

でも、まだ「ユニクロは高い」「外食は高い」と思ってる人間。

古着でいいじゃん、作った方が安くて美味しいじゃん、と思ってしまう。

 

使う時には使う。

お金は使ってこそ価値があるもの。

 

「諦める理由をお金にしない」は、自分の人生を豊かにするための考え方。

大切な人との外食なら、思い出のためにお金も払う。

本当に欲しいと思ったものなら、機能に見合わない物でも、お金を払う。

妥協して安いものを買った時、それを使う度に「自分はこの程度の人間だ」ということを思い知らされるから。

もちろん、不必要に高額なものを買うことは推奨していない。

自分の価値観と一致したものなら、多少高くても、それは買う価値があるということ。

 

今回、新しく買ったのは財布。

前の財布は、「いい財布を使えば金持ちになる」的なジンクスが流行った時に買ったもの。

「だいたい、これくらいの金額が妥当かな?」と思いながら、東急ハンズで適当に選んだ、メンズライクの本革財布。

まず、その時点から、思い入れがあんまりない。

それでも、使い勝手はよく、10年近く使ったので、クタクタ。ご苦労様でした、って感じ。

こんまりさん風に言えば、もう「ときめかない」。

なので、そろそろ買い替えだなと思っていました。

 

だいたいのものは中古で済ませる私でしたから、財布すらも中古でいいと思い、近所のリサイクルショップへ行くたびに、財布コーナーをチェックしていました。

手頃で欲しいと思うものがなく、数ヶ月過ぎた先日、ついに心から「欲しい」と思う財布に遭遇。

某女子向けブランドが昔発売した、某キャラクターとのコラボデザインの財布。

ほぼ一目惚れに近い形で、「欲しい!」と強く思いました。

めちゃくちゃ高いわけじゃないけど、出せない額じゃない。

想定予算より、倍ほどオーバーしていました。

ドケチブレーキがかかりそうだった。

でも、欲しいという気持ちが買った。

財布は、毎日何度も触るもの。

見る度、触れる度にときめくものがいい。

もう発売していない品なので、もうこれは運命と思って、購入を決意しました。

 

それから、主観ですが、なんとなくいいこと続きです。

財布は出かける時はほぼ持ち歩くので、お守りのように一緒。

触る度、見る度にときめきます。

大切にしたいと思います。

そのおかげかもしれません。

子育て、夫婦関係、友人関係、仕事関係、良好です。

ものを選ぶこと、ものを所有することの、無意識的な影響を感じる出来事でした。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました