母とのこと

日記

実家の父からメールが来た。

数年前に完治した母のガンが転移していたらしい。

また、抗がん剤治療を始めるそうだ。

 

自然と、残り時間という言葉が浮かんでくる。

あと、何回、母親と顔を合わせるんだろう。

新幹線で2時間の距離。

私と実家は、年に数回のメールのやりとりくらい。

年末年始と、GW、盆は、孫の顔を見せに帰る。

でも、母とは一緒にいると居心地が悪いので、だいたい私は外に出かけてしまう。

そう遠くない未来、この人はこの世を去るんだろうな。

そう思って、思い出すのは辛い子ども時代。

 

多分、世間でいう毒親の部類。

感情的でヒステリックで決めつけが激しい母。

同居している祖父母と父の愚痴を、いつも聞かされていた。

家は居心地が悪く、学校ではいじめもあって、よくまぁ、まともに生きてきたなぁ自分と思う。

毒親という言葉が市民権を得た昨今。

私もそれなりに親との関係に悩んだ。

ネグレクトや虐待、他の人と比べれば、大したことない。

それでも、傷ついたなぁという気持ちはある。

自分の今の性格も、多分、影響があると思う。

でも、いつまでも毒親のせいにするなという考え方にも納得している。

いくら彼らを責めたって、自分の心は変わらない。

同じように、毒親に育てられた人でも、そこそこうまく社会生活を送っている人はたくさんいる。(もしくは、そう見えるだけなのかも)

 

自分の心の傷を癒すということは大切だ。

 

でも、相手を責め続けるというのは、また違う気がする。

「母のせいで」といつまでも、恨言を言っていても、何も変わらない。

もちろん、過去の自分が今の自分を作っているということは、確か。

けど、そこから、多少の軌道修正は加えられると思う。

過去と毒親は反面教師にして、今の自分と向き合うこと。

それが、今の自分にできることだと思ったのでした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました