砂糖断ち、どうしてもアイスが食べたくなったら?

ライフハック

中田敦彦のYouTube大学で、食事に関する動画を見た。

 

【食べてはいけないもの①】他のメディアでは言えない病気になる食べ物とは?(Foods You Shouldn't Eat)

 

普段から食事は気をつけているけど、より一層気をつけようと思った。

食事を徹底的に変えてから、劇的にアトピーがよくなった。

体は食べたものでできている。

食事を変えれば性格もだいぶ変わる。それは、腸内細菌の影響もあるかも。

 

一時期、徹底的に砂糖、小麦粉を抜いていたけれど、最近はある程度、許容していた。

いただきものの、有名店のお菓子や、期間限定商品。誘惑は多い。

肌荒れが悪化するタイミングは、食事の乱れた時が多い。

砂糖は麻薬並みに中毒性があるらしい。

よくわかる。

一度、甘いものを食べてスイッチが入ると、結構、延々に食べてしまう。

ちなみに、砂糖が欲しいと感じる時は、ビタミン不足の合図らしい。

昔は、甘いものは果物しかなく、果物でビタミンを補っていたからだそうだ。

 

今年は夏までに、少したるんだお腹をなんとかしたい。

だから、この動画を見て、ダイエットも兼ねて食事に気をつけようと思った。

 

昨日は暑くて、猛烈にアイスが食べたくなった。

アイスといえば、植物油脂、糖類の塊。体にいい要素は何もない。

食事改善を決意したばかりだったから、躊躇した。

 

でも、アイスはどうしても食べたい。

どうしても冷たくて甘いものが食べたい。

なので、冷凍マンゴーを買った。

アイスより少し高い。ハーゲンダッツくらいの値段。

フルーツはビタミンも豊富だし、マンゴーなので甘味も濃厚。

罪悪感なく、ぱくぱく食べられます。

スーパーのイートインコーナーで、冷凍マンゴーを食べる怪しい女でした。

 

最近はコンビニでも冷凍フルーツが買えるので、どうしてもアイスが食べたい時は、冷凍コーナーを探してみてください。

冷たくて甘くて美味しいだけでなく、ビタミンも補給できる優れもの。

熟れたバナナを冷凍バナナでストックするのも、おすすめ。

冷凍バナナとヨーグルト、ココアで砂糖0のチョコレート風アイスクリームができる。

無理やり我慢するのではなく、置き換えることが、砂糖断ちを無理なく続けるコツです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました