私たちが当たり前と思い込まされているものたち

日記

先日、YouTubeでひろゆきの動画を観ていたら、なぜ人はゴキブリが怖いのかという話で「怖いと思い込まされているから」という回答を聞いて、なるほどなと思った。

私はあんまり、ゴキブリを怖いと思ったことはない。

素手で触れと言われたら、なんとなくいやだけど、死骸をディッシュで処理するくらいはできる。

けれど、クラスメイトや同僚の異常なこの虫への嫌悪感は、不思議に思う。

叫ぶ、泣く、変な踊りをする。

いや、ただの黒い虫。コオロギとかわらんやん!

 

ゴキを怖がる友だちに「コオロギとそんなに変わらないよ」というと、「Gは急に飛ぶ」というので、「コオロギも急に飛ぶやん」と言ったら、「コオロギはかわいい」と言われてしまいました。

そうなのか・・・。

コオロギはかわいいのか・・・

 

ひろゆき氏の言う通り、私たちは「ゴキブリは怖い、気持ち悪い」という洗脳をメディアで受けている。

ゴキブリなんて、その辺にいくらでもいるけれど、ゴキブリが気持ち悪いということにすれば、みんなは退治しようとするから、殺虫剤や、殺虫業者が儲かる。

東南アジアの街に行けば、結構、そこらじゅうにいるだろうし、日本でも夜の歓楽街とかぞろぞろ歩いてる。

そんなに怖くない、ただの虫。

でも、怖い、気持ち悪いということにしている。

そうすれば、殺虫剤という市場が生まれるから。

 

ゴキだけじゃない。

ハゲを病気、カッコ悪いということにすれば、育毛市場ができる。

ボーボーの脇毛や脛毛がダサいとすれば、脱毛市場ができる。

男の化粧が普通とすれば、メンズ向けコスメ市場ができる。

水素水が体にいいと洗脳すれば、水素水市場ができる。

 

これは怖い、これはダメと、いろんな洗脳をすれば、新しい市場ができて、お金を生み出すことができる。

 

私も洗脳されたので、脇と脛を脱毛した。

たまに、ボーボーの脇と脛を気にせず晒している外人の美人の姉ちゃんを見ると、「あ、私も洗脳されてるんだな」と思う。

洗脳は社会に馴染むためにある程度、必要だったりする。

でも、過剰なものだと、ストレスや散財につながることもある。

時々、自分が洗脳されていないか、チェックが必要だ。

誰も教えてくれない。

むしろ、あなたや私を洗脳しようとしてくる。

色んな価値観に触れることが、自分の洗脳に気づくきっかけ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました