自分で決めたいという普遍的な欲求、子どもの自主性を育むために

頑張らない子育て

こんにちは、ひまつうです。

初めましての方はこちらからどうぞ ひまつう自己紹介

 

小春日和の続くある日の朝。

小2の娘がタイツを履いていたので、「今日はあったかくなるから、靴下の方がいいよ」と言いました。

娘「ううん、タイツがいい」

私「え、いいの? でも、きっと、暑くなるよ」

しつこい私に、娘がムッと顔で言いました。

娘「私が決めたいの!」

ハッとする私。

自分をコントロールしようとする母が嫌で、自分はそうならないようにと思っていたのですが、いつのまにか、自分も娘をコントロールしようとしていました。

娘「前、暑くなるよって言われたとき、靴下履いて行ったら寒かったの。だから、自分で決めるの」

体感は人それぞれ。母の言うことも、あてにならない。

もう、すぐに風邪をひいてしまうようなか弱い赤ちゃんでもあるまし。

誰だって、人から決められるのは嫌だ。

だから、他人の選択は尊重しようと思っていたのに、家族や身内との境界線が曖昧になる。

子育ては自分育て。他人は教師。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました