自分の心のなかで、やかましく自分の正当性を主張したくなった時の対処法

未分類

自分の正当性を主張したくなった時は、だいたい、自分の中で矛盾する主張がある時だ。

残業なんてしないで、さっさと帰る派の私。

だけど、惜しげもなく残業していく同僚たち。

私は、仕事が終われば、さっさと帰りたいのに。

 

「みんな、仕事が終わったら、自分の時間なんだから、さっさと帰ればいいのに」なんて、ぐちぐちうるさく、頭の中で言ってる。

そんな時は、だいたい、自分の中で「残業して同僚を助けるのも大事」と思っている自分がいる。

そんな自分がいるから、「残業せずにさっさと帰る」自分を正当化したくて、正当性を主張している。

罪悪感を感じているからだ。

残業をするのが当たり前という考え方も、残業をせずにさっさと帰るという考え方も、どっちもありと思っている。

「仕事はみんなで協力すべき」という考え方もわかる。

でも、私は「仕事はあくまで仕事」派。

どっちもありとわかっていて、私は自分の時間、一人の時間が死ぬほど大事だから、残業せずに帰りたい。

「残業するとか、おかしいしw」と、自分の中で必死で自己弁護しようとしたら、自分の中で矛盾する自己主張が綱引きしているのだ。

罪悪感で綱引きしている。

でも、そもそも、罪悪感なんて、感じる必要はない。

どっちの意見もありだから。

みんな、考え方、立場が違う。

何に価値を置くのかも。

どっちの意見も「ありだね!」って認めてあげたら、ちょっと気持ちが落ち着く。

だって、世界にはいろんな考え方があるから。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました