自分の感情に正直に生きることの大切さ、もっと自由を手に入れる

ライフハック

最近、自分の感情に正直に生きることの大切さを噛み締めている。

というのも、私はけっこう、子どもの頃から、親や教師の目、友達の目を気にして生きてきた。

そういう人はけっこう多いと思う。

 

いつの頃からか、自分は周りの目を気にしたり、期待に応えることはやめようと思うようになった。

したいことはするし、仕事も休みたい時は休む。

もちろん、社会的常識範囲(嫌いな言葉だけど)で、周囲に迷惑をかけないように。

他人から見れば、日本人にしては、結構、自由に生きている部類の人間だと思う。

昨日の記事でも買いた。

欲しいと思った物を買ったら、運気が上がった

 

 

でも、意外なところで、自分は自由に生きていないなと思う部分がある。

それは、自分の中に沸き起こる気持ち。

感情を認めるということが、なかなか難しかった。

例えば、怒っているとか。

怒っているつもりはないのに、「怒ってるでしょ」と指摘されると、「怒ってないし」と、怒りながらいう。

我ながら、子どもだと思う。

実際、怒っている。

しょうもないことで怒っているという自分が恥ずかしくて、怒っているということを隠したくなる。

怒っているということを認めたくなくて、余計に怒っているような態度になるという悪循環。

 

「ああ、私、怒ってるわ」と、認めてしまえば、その悪循環は断てる。

腹立たしいとか、悲しいとか、嬉しいという感情を、言葉で飾って、誤魔化そうとすると、本当に自分が求めていることがわからなくなる。

 

本当はもっと、一緒にいたい。寂しいけど、それがわからない心は、勝手に「怒り」という感情を作り出し、相手の悪いところ探しを始める。

自分が怒っているのは、相手が悪いからだということにしようとしだす。

最初の「一緒にいたい」という欲求を話し合い解消すれば、解決する悩みなのに、相手を悪人にして、どんどん不幸になっていく。

 

自分の感情に対して、正直でないと、精神衛生上、よろしくないし、人間関係にも悪影響を及ぼす。

もう二度と関わらないであろう他人なら、一方的に相手を悪者にしてしまうのも、いいのかもしれない。

けれど、大切な友人や家族といった、長期的無関係ならば、あまり自分の感情に無頓着にならない方がいい。

上辺だけの沸き起こった一瞬の感情ではなく、奥にある感情に正直になる。

それが、幸せに生きる秘訣だと思う、今日この頃でした。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました