自分を客観視する力はどうやれば身につくのか

ライフハック

自分を客観視して、且つ合理的に行動することは難しい。

そもそも、自分を客観視すること自体が難しい。

 

小学2年生の娘は、たまに癇癪を起こす。

大したことがないアクシデントに、泣き出し、叫ぶ。ものに八つ当たりする。

私も心に余裕があれば、「どうしたの」と話を聞いてあげられることができる。

でも、仕事のあとで、ぐったり疲れていたり、寝不足だったりすると、そんな余裕はない。

口調はできるだけおだやかに、でも、きっぱりと

「そういう、イライラむしゃくしゃしている態度は、周囲の人を不快にするから、やめた方がいいと思う」

なんて言ってしまう。

すると娘は泣きながら「わかってるよ。でも、なぜかこう言う風に言っちゃうんだよ」と、弁明する。

彼女は自分の感情と、それに結びつく言動。それをコントロールできないことを、自覚している。

自覚できる客観性があるだけ、彼女は成長していると思う。

自分が彼女くらいの歳の頃は、なぜかわからないけれど、イライラしたり、悲しかったり、怒ったりして、それをそのまま出していた。

彼女は、自分がコントロールできない感情によって、話したり行動したりしているということを、自覚している。

 

考えてみれば、それは大人でも難しいことだ。

怒っていないと言っても、怒っているような口調になる。

素直に自分の非を認めることができない。

感情はコントロールできない。

そして、その感情にる行動もコントロールが難しい。

 

子育てしていると、育てているつもりでも、自分で自分をまともな人間に育てているような時がある。

子どもに言い聞かせながら、「そういう自分は、どうなんだ?」と自問自答する。

それこそが、自分のことを客観視する力を育むのではないだろうか。

「他人は教師」だ。

他人は、大人だけではない。

小さな子どもや赤ちゃん、通りすがりの老人、全ての出会いが私たちの成長の糧となる。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました