親はうざいけど、たまに実家に帰りたくなる、その理由

未分類

たまに、よしながふみさんの漫画を読みたくなる。

実家には、まだ残してあるんだよな。

大奥、きのうなにたべたで有名な漫画家さん。

 

構図がすっきりさっぱりしていて、でも、人の微妙な心理描写がすごい漫画家。

文章じゃなくて、構図と絵だけで登場人物の心を表現するのがうまい。

10代の頃から、よしながさんの漫画は本当に大好きで読みまくってきた。

 

西洋骨董洋菓子店

出てくる登場人物、みんな魅力的。

フラワー・オブ・ライフ

多感な高校生たちの青春ドラマ。

みんな主人公なんじゃないの?!と思うくらい、キャラに個性と愛情を感じる。

高校生の多感な感覚をみずみずしく甦らせてくれる。

 

BL系はお嫁に行く時に、友だちに譲渡しちゃったけど、この二つは大好きすぎて、手放せなかったので、今も実家の自室の本棚にひっそりある。

 

萩尾望都さんの漫画も読みたい。

ポーの一族。

鬼滅の刃の作者の人が影響うけたとか。

独特の世界観と、美しいヴァンパイア兄妹愛のストーリー。

1つ1つは短編で読みやすいのがいいけど、主人公と妹やパートナーとの別れは胸が引き裂かれそうになる。

生きる意味ってなんだろうとか、考えちゃうよね。

これも、また読みたい。

残酷な神が支配する。

長編サイコサスペンス。読むと、ぐぅあーーーーーんと気分が落ち込むんだけど、愛とかそういうものを色々と考えさせられるストーリーだ。

どの登場人物も闇みたいなものを抱えていて、それがストーリーの中でチラチラと現れる。

10代の頃、ドラックみたいな感じで、癖になって読んでた。

30代になった今、また違った風に感じるんだろうなぁ。

コロナでもう一年以上帰省してないけど、次に帰ったら、一気読みしたい。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました