試着は大切、素敵でも似合わないもの

日記

今日はお気に入りの雑貨屋さんへ行くと決めていた。

とくに買うものはないけれど、併設されているカフェで一人でお茶をする予定だった。

その雑貨屋さんは、田舎の街にあるおしゃれの発信源みたいなお店で、洒落た雑貨や衣料品インテリアをたくさん取り扱っている。

カフェも併設されていて、とても居心地がいい。

本を読みながら、コーヒーを飲んで、ゆっくり過ごしてから、店内を見てまわった。

よく考えられて作られた家具を見たり、このお皿なら、こういう料理をのせたいなんて、妄想しながら。

衣料品コーナーでトルソーが着ていたワンピースが、とてもすてきだった。

ダスティなピンク色で、涼しげだ。

あんまりモノを欲しいと思わない私だけれど、この雑貨屋さんは欲しいと思わせるのが上手い。

多分、店の雰囲気もあるし、チョイスもある。

ダスティカラーは似合わないってわかっていたけれど、手にとって、鏡に合わせてみる。

なんだか、合う気がする。

セールで20%offなのが、背中を押してくる。

店員に声をかけ、試着する。

試着してよかった。

やっぱり、このダスティカラーは似合わない。

私のよく焼けた肌には、縄文人っぽくなる。

試着の大事さと、自分にはダスティカラーがやっぱり似合わないということが、わかった。

自分には、明るいスプリングカラーがいい。

この素敵なワンピースは、きっと誰かがすてきに着こなしてくれる。

そう思いながら、お店を後にした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました