電車の旅、遠い昔に思いを馳せて

日記

こんにちは、ひまつうです。

初めましての方はこちらからどうぞ ひまつう自己紹介

 

昨日は久しぶりに用事があって、電車に乗りました。

地方なのでガラガラ。ほぼ空気を運んでいるような列車。

いつも経営が心配になる、◯◯線。

滅多に使わないけれど、なくては困る。

 

目的地までおよそ40分。

窓の外の風景はのどかで、見ていても飽きないけれど、ちょっと退屈なので、持ってきた新書を読むことに。

スマホは電池も容量も使うし、脳がマルチタスクになって疲れるから、ちょっと集中できるものがよかった。

持ってきた本はこちら。

ロシア、ロマノフ朝の歴史。

著者は「怖い絵」で有名な中野京子さん。

彼女の文章はとてもきれいで、ただの歴史の羅列も、ドラマティックに演出されているので、映画を観ているようなドキドキ感が味わえるのが好き。

歴史的背景をしっかり抑えているので、「そうだったのか〜」という、新しい発見も味わえます。

学生の頃は、それほど歴史に興味がわかなかったし、成績もよくなかった。

けれど、歴史がこんなにドラマティックだと知れたら、きっともっと好きになって、たくさん勉強していただろうな。

歴史は人生の教訓が多く学べると、大人になって、ようやく気づいた。

 

学生の頃は、通学時間が1時間以上あったので、いつも本を持ち歩いていました。

スマホがまだない時代。

電車といえば、読書というくらい、私にとって、電車は読書をする場所。

窮屈な満員電車でも、本を広げれば、脳内だけでも無限の世界へ逃避できます。

 

地方へ移住し、車や自転車移動がメインになると、すっかり電車に乗る機会が減りました。

久しぶりの電車読書。

もう着いたの?もっと読みたかった。そんな気持ちになる。

夢中になって本を読んでいれば、ちょっと長いかなという移動時間もあっという間でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました