ジョロフライス。イケメンと美女は絵画みたいなものよ

日記

今朝の英会話の先生はナイジェリア人だった。

ナイジェリアの料理「ジョロフライス」というのを紹介してもらったので、今度、作ってみることにする。

スパイスの効いたピラフみたいな感じ。

ナツメグやクミンで食欲をそそりそう。

 

 

昨日、どうして自分は友だちほど恋人の外見に拘らないのかについて、考えていた。

面食いな友だちがよく「あの見た目はないわ〜」とか「付き合うならイケメンじゃなきゃいやだ」と言っている。

なるほどね〜

優秀な遺伝子を残したいという本能だろうか。

見た目の美しさは遺伝子の良さとも言えるから、本能的に美男美女を選びたくなるのは、説明がつく。

 

私は、どちらかというと、イケメンはイケメンとして鑑賞したいと思う。

きれいだなとは思うけど、自分のものにしたいとは思わない。独占したいとは思わない。

話したり、遊んだりするのもいいけど。

モテるだろうから、浮気の心配もするだろうし。

美しすぎる人と一緒にいると、逆に自分が気後してしまう。

一緒にいる人は、そこそこ自分のレベルに近い人がいい。

 

神が生み出した、造形美。

イケメンや美女は絵画のような芸術作品。

ルーブル美術館のモナリザを一人で所有したいと思わない。

家のリビングに飾って、一人で鑑賞したいとは思わない。

独り占めしたいとは思わない。

盗難の心配をしなきゃいけないし。

それなら、美術館などの公の場で、たくさんの人に観てもらった方が、世のため人のためだと思う。

きれいだよね〜なんて言いながら、友だちと一緒に観てていたい。

 

この間、今までリアルで見てきた中で、5本の指にはいるであろうくらいの美人に出会った。

正に眼福。

見ていたいとは思うし、話してみたいとは思うけど。

そういう美しいものを、自分だけのものにしたいなんて思わない。

むしろ、「ねぇ、あの人って、すごく美人じゃない?」「そうだよね」なんて、友だちと話すネタにしたい。

まぁ、美人すぎるのは、ちょっとこちらも緊張するしね。

ということを昨日の夜、考えていた。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました